「和からし」と「本からし」

  • 2015.07.03 Friday
  • 12:12
JUGEMテーマ:グルメ

最近「粉からし」を見かけませんね〜
”チューブ入りの練りからし”が便利ですもんねー
”練りからし”ほんのひと手間でぐんと旨くなります!!

お猪口みたいな小さな器に入れ、2〜3滴の水か酒で練り直してあげるんです。
”香り”も”辛味”も格段に引き立ちます。
涙出ちゃうよ〜
でもこの辛味と香り成分、空気に触れてると抜けちゃいますので
練ったらすぐ食うべし!

そもそも「からし」って何だか知ってます?
「生からし」って見ませんよねー

”セイヨウカラシナ”という菜の花のような植物の実を粉末にして、
水で練り上げた物だそうです。
へ〜、じゃあ「粉からし」が「生からし」か〜?

で、”マスタード”と”からし”は”梅干”と”梅酒”くらい違うので
合う料理がまったく変わってしまうらしい
”マスタード”は”シロガラシ”の実を酢漬けにしてつぶした物・・
などと確認のためネットで調べてたら、おもしろい文章があった・・・

「和からし」「本からし」「からし」「洋からし」

何のこっちゃ?
「和からし」が辛味の強い”セイヨウカラシナ”を中心に練ったもの、
そのほかは、辛味成分が異なる”シロガラシ”を混ぜて、辛味を抑えたものという意味だそうだ。

日本のからしは英語で「オリエンタル・マスタード」

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

天気予報


-天気予報コム-

ちょっと一息。星占い

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM